新宿区中町の内科、循環器内科、呼吸器内科、健診、予防接種なら牛込台さこむら内科

03-3269-1783

〒162-0835
東京都新宿区中町23

メインメニューを開く MENU

この地に根差して60年以上、開業医をやっています
住む人に寄り添い、身体も心も癒やされる憩いの場でありたい

お知らせ NEWS

開院以来17年が経過し、建物全体の外壁改修を行うことになりました。

8月10日~9月24日(予定)午前8時から午後5時30分

工事期間中、ご迷惑をおかけします。ガードマンを配置し、安全には充分配慮いたします。

なお、外来は通常どおり行っております。

 

 

8月15日(月)から8月21日(日)まで休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

7月になり、新型コロナ(オミクロン株)感染による発熱者が激増しています。2年前から開設した発熱外来、なるべく断らずに行ってまいりましたが、ここに来て当院の能力を越え限界に達しています。

・発熱外来受診前に、必ず電話で予約(03-3269-1783)をお願いします
(直接来院されても、すでに予約の方がお待ちで待機するスペースがありません。また電話はたいへんつながりにくくなっています)

・お年寄り、持病のあるハイリスクの方、症状の強い小児優先して拝見します。

・幸い、オミクロン株は1,2日の発熱後に改善される方がほとんどです。持病のない若い方は、肺炎などの重症になることはありません。

・薬局などで抗原検査キット(医療用)を購入し自分で診断することもできます。ウィルス量の少ない発熱直後は陰性になりますが、翌日には陽性になることが多いです。陽性であれば、その旨をお電話で伝えてください。

区民健診・特定健診、大腸がん検診、前立腺がん検診を行っています(予約制なのでお問い合わせください)
新宿区から郵送された用紙をご持参の上、なるべく午前中にご来院ください。

※受診の際は、発熱等の症状がないことを確認してください。
※マスクを着用してください。

2014年7月より新宿区医師会区民健康センター(新宿区新宿7-26-4)にて内科・小児科診療あります。(9:00~17:00)
新宿区医師会ホームページ(外部サイト)を参照してください。

休日テレホンセンター:
【電話03-3208-2223】9:00~22:00まで
これ以外の時間は、最寄の病院などへのご連絡をお願いします。
かかりつけの方で緊急相談ある場合は、当院まで電話でご連絡ください(連絡先をご案内します)

 

POINT牛込台さこむら内科の6つの特長

01 特徴
生後6カ月の赤ちゃんからお年寄りまでご家族みんなの健康管理を承ります
02 特徴
勤務医時代に循環器の診療を担当。心臓や血管の病気の診療が得意です
03 特徴
通院が困難になった方のために、訪問診療にも応じています
04 特徴
感染症が流行しても、院内で完全隔離を行い、不安を感じずに来院していただけます
05 特徴
近隣の医療機関としっかりと連携。健康な街づくりに努めています
06 特徴
治療歴を一覧できる電子カルテを導入。症状の推移を視覚的にお伝えできます

STAFF医師紹介

院長 迫村泰成

父の代から60年以上、この地域の皆さんの健康管理をお力添えさせていただいています。勤務医時代に動脈硬化のメカニズムを分析していた経験をいかし、循環器の病気を中心に呼吸器や消化器の病気、お子さんの病気などに幅広く対応しています。

また、高齢化が加速することを見据え、社会福祉施設とも連携しながら訪問診療にも力を入れています。患者さんとそのご家族がいきいきと生活できる日々がより長く続くよう、今後も尽力してまいります。

院長
医師紹介を見る

CLINIC医院案内

 
09:00~12:00 × ×
15:00~17:15 × × × ×

【休診】:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
夜間診療:無 休日診療:無
受付時間:午前の部12:00まで 午後の部17:15まで
水曜日午後は訪問診療に出ており一般外来は行いません

牛込台さこむら内科

〒162-0835
東京都新宿区中町23
Tel.03-3269-1783
Fax.03-3269-2508

医院案内
医院案内を見る

ACCESS交通案内

最寄駅
  • 都営大江戸線 牛込神楽坂駅 徒歩3分
  • 東京メトロ東西線 神楽坂駅 徒歩8分
近くの交差点 牛込北町交差点を市ヶ谷方面にあがると2つ目の信号左側
神楽坂駅では矢来町方面2番出口から新潮社の前を通りまっすぐ。北町交差点越えて左側
駐車場 あり(4台)
交通案内を見る

THOUGHT院長の想い

患者さんの人生を伴走したいと願い、生き方を尊重して親身に診療

当院には、生後6カ月の赤ちゃんから足腰の弱ったお年寄りまで、さまざまな患者さんが来院しますが、どなたでもリラックスして受診できるよう、スタッフと力を合わせて温かみのある雰囲気づくりに努めています。例えば、小さいお子さんに予防接種をする場合は、スタッフにやさしくあやしてもらいながら行いますし、大きい錠剤を飲み込むのが難しそうなお年寄りの場合は、飲みやすいお薬を検討するなど、一人ひとりに寄り添うよう努めています。

また、診療に際しては、例えば生活習慣病の場合、検査の数値がよくなくても、厳しく生活指導をすることはしない方針です。自己判断で治療を中断してしまうと、重症化することもあるからです。患者さんが前向きに病気と向き合い、無理なく治療を続けられるようなお声がけするようにしています。

治療方針としては、まずは患者さんの訴えを親身に伺い、必要な検査を行ったうえで、生活事情などにも配慮しながら、治療計画を提案いたします。なお、近隣の病院ともしっかりと連携しているので、当院で対応できない症状でも速やかにご案内できます。

院長
院長の想いを見る